「愛」とはまるで「柿ピー」である

「愛」とはまるで「柿ピー」である

社内の若い子と恋愛話をした時に、
分かりやすいと言われた話です。

相手の良いところを好きになる。
だけど欠点に目が行ってしまう。
恋愛に限らず良くある話ですよね。

どんな人にも長所、得意な事がありますし、
反対に短所、苦手な事が誰にでもあります。

その人の良い所を見ようと言う人もいますし、
短所ばかりに目が行ってしまうという人もいます。

一見、良い所を見る人の方が正しく、
ポジションな印象がありますが、
長所だけを見る人も短所ばかり
見てしまう人も本質は同じなんです

例えば、柿ピー。


柿の種とピーナッツが一つの袋の中に入っている商品。
柿ピーで例えると、柿の種だけ食べて、ピーナッツは
残せば良いと言っているのが長所だけを見ている人。

ピーナッツは要らないと言いながら、柿の種が
美味しく食べられないのが短所が気になる人。

どちらも柿ピーを愛していないのです。

柿ピーは、柿の種とピーナッツが
混ざって初めて一つの商品なのです。

私たちも同じで、短所も長所もあって1人の人間です。

長所も短所も全て引っくるめて
その人を丸ごと受け入れること。

それが本当の愛ではないでしょうか?

簡単ではないですけど、その人の
短所があるからこそ、長所がある
と思えば受け入れやすいかもしれませんね。